« 秋晴れの日 - 風音土香 | トップページ | 府中牝馬ステークス »

2018年10月14日 (日)

秩父リトリート秩父神社とお諏訪様

さて、秩父リトリート、最後に巡ったのは、秩父神社

この下乗とは、ここから先は神域なので、乗り物から下りるようにとの注意書きです。
出雲大社や、靖国神社にもありますよね。

秩父神社の狛犬さん達は、筋骨隆としています

肩から腕が、特にムキムキです

霧雨で、苔が美しい緑でした

私好みの素敵な手水舎

お休みの日のわりに、人はさほど居なかったのです。

この日もご神気が凄くて、中写らない。

左甚五郎作、つなぎの龍

左下、お元気三猿

北辰の梟は、はっきり言って、小さ過ぎてよく見えません(笑)
なので、社の裏に来たら、少し後ろに下がって、両側を見て

中国の仙人みたいな人が彫られています

そして、この後ろには、天神地祇社といって、全国の一ノ宮の神様、総勢七十五柱もの神の皆様方が、奉られています

ここは、外しちゃいけない場所ですよ

三〜四柱毎に、一つの扉がありますが、真ん中にお賽銭箱がありますから、まとめてのご挨拶で構わないと思います
余裕のある方は、順繰りにご挨拶なさってください。

それから、天神地祇社の両側には、大きくて立派な、奉納絵馬があります。
この絵馬の飾り彫りが凄い

昇り龍

下り龍

こちらも、昇り龍

下り龍

私的に、お薦めは、これのね、

狛犬さんの前足超かわゆい

左甚五郎作、子宝子育ての虎

この蹄の足は麒麟かな?

秩父神社一番のパワースポットこの石橋の上で、水神の力を感じてみてくださいね

水占は、ここで水に浸します

水占するなら、秩父神社は種類が豊富にあるので、お勧めですよ

宝船の御神籤、いいな〜

私が引いたのは、まゆみくじだったよ
(今宮神社で引いたんじゃなかった)

大銀杏裏手にある、あま池。

橋を挟んだ向かいにある、元御神木らしき、朽ちた大木とのやり取りをお伝えして、皆で手を合わせて祈りました

麗花は、こんな風にお話しました。
先日伺ったお話を、人が読むブログに書かせて頂きました。
今日は、こうしてお客様もお連れしましたよ。
今までお疲れ様でした。
長い間、この地をお護り頂き、ありがとうございました。
いずれこの木が朽ちた時には、天へとお還りになられる事と思います。
そのあかつきには、これからは神として、八百万の神として、人のお力になって頂けますよう、宜しくお願い致します

祈る前か、後かは、記憶が曖昧なのだけど、私ともう1人の方は、その大木の気持ちを受け取って、泣いてしまったの
なんとも言えない、言葉に出来ない感情ね

彼女は普段、(自分にはそういうスピリチュアルな感覚は、感じられない)と、思い込んでいた方だったのだけど、ちゃんと受け取れた事を、自覚してもらえて、私も嬉しかったな

そして、秩父神社を後にしたのですが、もう一つのお社が、私を待っていました

秩父を参拝した事のある、参加者の方が、帰りがけに、小さなお社を教えてくれました
それは、秩父神社から、西武秩父駅へ向かう道の途中にある、地元の方にお諏訪様と呼ばれるお社でした

この木を、通りがかりに見て、気になったそう

お諏訪様と言えば、諏訪の神である、建御名方様
麗花の産土神様です
ちょうど、このお社を管理してくださっているおじさまが居て、お話も出来ました
そして、1つの謎が解けました
秩父神社の中にも、諏訪神社はあるのですが、前回も、今回も、ご挨拶をしても、何も感じなかったのです。
他の摂社末社では、ご挨拶をすれば、ズーンとか、風がサーッと吹き抜けるとか、何かしら反応があったのだけど、そこだけシーンとして、まるで降りていないかのような感じだったの。
そうしたら、そのおじさま曰く、小さいけれど、こちらが長野の諏訪大社からの直接の分祠だそうで、秩父神社内の社は、後から作られた物だとの事。
どうりで
秩父神社のお社には居なかったんだ
こっちにいらっしゃって、それで呼ばれたんだ
祝詞をあげさせて頂いたら、ちゃーんと、ズーンて来ましたよ
今回のメンバー中、唯一この社を知っていた彼女は、
ここに案内する為に、呼ばれたんだわ
というような事を、仰ってました
ありがとうございます
そして、ミラクルな事が、もう一つありました
麗花とお1人の方は、西武秩父駅に出来た、温泉に入って帰る事にして、他の方とは、それぞれお別れして、ゆっくりと過ごしました
秋の虫が鳴く、風情ある岩風呂とか、色入りまくって、命の洗濯をして、帰途につきました。
でね、その方と住まいの方向が違うから、乗り換え駅で降りて、さよならした訳です。
東飯能駅のホームで、麗花は八高線を待っていました
そうしたら、ズーンと、何かが降りて来る気配がします。
(えっ?!ここで?何だろう?)
目を閉じて、感じてみました。
そうしたら、
ここまで。
って言葉が浮かんで龍神様がぐるぐるぐるっと、私の周りを回って、居なくなった感じがしました。
(あ〜、秩父の龍神様が、お見送りに来てくださってたんだな)
そう思って、ありがたいな〜と喜んでいました。
そして、目の前(10m無い位)には、駅ビルが建っているのに、気持ちの良い風が、前からサーッと吹いて来ます。
(わ、気持ちいい〜
神様からの風かな〜
ねぎらってくださってるのかな〜?)
ところがこの風、1分位経ってるのに、全然止みません。
(あれ?まだ止まない
気付けって事か?
左前から吹いてくるぞ?
これ、どっかに神社があるのか?)
さっそく、Googlemapで調べてみましたよ。
そしたら、その方向に、稲荷神社がありました
慈眼寺にも、今宮神社にも、秩父神社にも、お稲荷様が居らしたのです
お稲荷様からの、労いの風でした
ありがたいな
またどこかに、リトリートに行きたいな

« 秋晴れの日 - 風音土香 | トップページ | 府中牝馬ステークス »