« アンジュルム | トップページ | 銀魂 »

2018年10月16日 (火)

最近気になっているもの  バッテリー劣化 パルス? 復活!? ( オートバイ )

最近気になっているものと云えば、、、、、、、
やはり ”消費税” でしょうか。
正しく使われれば何も惜しくないのですが 嘘つき
議員の肥やしになっていると思うと空しいです。
さて 今日の午後からは すず の保育園のお迎え
です。
帰りに近くの公園で遊びました。 すず は団栗(どんぐり)や
赤い実を一杯拾って有頂天です。(笑)
公園の中を縦横無尽に走り回ります、、、、、お約束で
この後 大転倒!!  でもすぐに泣き止みました?。
大いに転んで、、、、また立ち上がって欲しい。
まるで森の中の天使の様に見えるのは私だけでしょうか、、、、。(笑)
        すず とのデートの帰り ナイショで停めたスーパー
        の片隅にこんな綺麗な パブリカ が、、、。
        これはかなり綺麗でしたヨ。
           
          <さて 今日の本題です、、、、>
        最近気になっているもの、、、、、、それは
        パルスと劣化したバッテリーです。
        
        鉛バッテリーの劣化は 主に 
        サルフェーション(硫酸鉛の結晶化 PbSo4)が
        原因で規定の電圧、電流が取れない事に起因する
        様です。
        例えば これはレストア中のモトコンポですがこの
        白い部分がサルフェーションです。
          実はこのモトコンポのバッテリーは特殊でして
          汎用バッテリーでは使用できず、このバッテリーは
          入手困難です。
          台湾で再生産しているとの事で注文だけはしま
          したが、バックオーダーが多いので私の所に回
          って来るのは何時の事やら、、、、です。
          そこで、こんなバッテリーでも復活できたら、、、
          素晴らしいじゃないですか\(^o^)/
          
          <CCAテスターを初めて知った>
          なんでも CCA と云う単位があるそうです。
          これは劣化したバッテリーを示すものだそうで
          CCAはコールドクランキングアンペアーの
      略で、鉛バッテリーが持つ固有の「性能基準
                  値」です。
 
     (エンジン始動性能を表す尺度で、−18℃±
      1℃の温度で放電し、30秒目電圧が7.2V
      以上となるように定められた放電電流)
                    っと云われてもまだ分かりません、、、、
          何となくですが
          正常値のバッテリーが大きな滝であれば
          サルフェーションで堰き止められたバッテリーは
          高さこそあるが水量が減った滝の様なものだと、、、
          電圧は出ているものの電流が取れない
          っと思っているのですが、、、正しいでしょうか?
          この滝の水量を測る事ができるのが CCAテスター
          だと云う事らしいです。
          
         <パルス充電は劣化バッテリーの救世主?>
          バイクや車を複数持っていると可愛がる車と
          そうでない車は キャブとバッテリーの劣化でそのそ
          の接している程度が分かりますね。
          ちょっと気を抜くと数カ月間なにもしてなかったって
          事はしょっちゅうあります。
          そしてバッテリーがオシャカになる、、、こんな繰り返し
          です。
          <自作してみるか、、、、、、、、、、、、>
          パルス充電を備えた充電器は結構ある様ですが
          定年の我が身では高価で買えません。
          そこでWeb散歩をして見ると
          自作の文字が結構見当たりました。
      
          回路を見てもさほど複雑とは思えません。
          部品も 20個 程度です。
          サルフェーションを消したい!!
          これが今一番気になっている事です。
 
    ではでは

« アンジュルム | トップページ | 銀魂 »