2017年8月25日 (金)

2017年8月24日 (木)

200ポイント目当てに刺繍本

昨日は偉大なる著名人生誕を祝う国民の祝日ですよー。←いつまで言うのか。(一生)
セゾンも祝いのポイントを提供してくれます。ももトッポです。
昔みたいに毎日西武やそごうで買い物するわけにはいかないけれど、
貯まっていた欲しい本を何冊か日替わりで買いに行きました。
1冊はただで買えるくらいポイント貰えたわ!
今回は刺繍系を紹介。
一度はスルーした。「フレンチスタイルのアクセサリー」
パリ発のビーズ刺繍で作るアクセサリー本です。自称プロヴァンス育ちの私にピッタリ☆
ビーズとスパンコールか〜と思ってましたが、今となっては一番憧れのジャンル。
パリの手芸品大好きです。色もハデハデで可愛い。
作りたいです!!
そして、季節はずれのウール刺繍の本。
ウールの刺繍糸はあまり売っていないので貴重です。
作家さんの作品真似するわけにはいかないので本とか買ってもどーすんだって感じですが、
でも可愛いんですよね。
コレクションです。眺めます。
この方のウール刺繍キットやりたい。やはり昆虫の図案より花にしたい。
ビーズファクトリーと越前屋で色んな色の物をただ爆買いしたい(((^_^;)

2017年8月20日 (日)

明日は明日の風が吹く(Tomorrow is another day)

先日、会社の会議で苦境に陥った時に捨て台詞のように私が「明日は明日の風が吹く!」と発言して会議が終了。私は以前から、月曜日を迎えると「新しい一週間の始まりだ!」、あるいは朝を迎えると「新しい1日のはじまりだ!」と様々な人に言い続けています。直接会えない時には、ラインやメールでも継続して言い続けています。
失敗したときや辛い思いをした時には常にあらゆる人の考えを聴き入れ、自分なりに活用することがとても重要です。『活用』とは、自分の考えに合う(沿う)人がいることに共感することです。そして、明日に命をつなぐことによって、もっとより良い結果に結びつけられないかを考えてはどうでしょうか!
毎日、つらいと思っている方には異論、反論があるでしょう。
でも、地球上の70憶人のうち60憶人以上が今日、食べるものにも困っています。
日本は将来的に女性も、男性も、人生90年!
わかりますか?想像がつきますか???
将来を考えて、自分の芯を磨くと良いかもしれません。
今、認められても、50年後に認められるとは限りません。
もちろん、過去の歴史を振り返るとニュートンのようにその逆も考えられます。
地球上には、人間には、いろいろな考えや行動をする人が必要なのです。
(人を傷つけてはいけませんが・・・。)
と言うことで、その会議に出席したメンバーの中には、後日「明日は明日の風が吹く!」とつぶやく社員も現れました。
今の我々は、一つの考えに固執するのではなく、時間とともにいろいろな考えが生まれ、将来を見据えた洞察力を養い、人を攻撃するのではなく、「共に生きていくためには」を考えることが大切だと感じています。
いかがでしょうか・・・

2017年8月19日 (土)

サマーウォーズの原型であるデジモンぼく

サマーウォーズの原型であるデジモンぼくらのウォーゲームのモデルであるところのウォーゲームって話なんで、もちろんタイミングを計ったツイートなんだろう

2017年8月17日 (木)

731部隊

1945年8月9日、日本に原爆が投下され、ソ連が満州に侵攻。

731部隊は直ちに撤退を始めた。
証拠隠滅のため、すべての囚人を殺害し、実験施設を徹底的に破壊した。
医学者達には特別な列車が用意され、いち早く日本に帰国。

アメリカは実験データ提供と引き換えに彼らの責任を免除した。

多くの教え子を部隊に送ったと見られる戸田正三は金沢大学の学長に就任し、医学界の重鎮に。
チフス菌の爆弾を開発していた田部井和かなうは京都大学の教授となり、細菌学の権威に。

凍傷研究の吉村寿人も教授になった。

私は凍傷や凍死から兵隊をいかにして守るかについて、部隊長の命令に従って研究したのであって、決して良心を失った悪魔になったわけではない。

そういうことを平然と言えるのが悪魔なんだよ。
まともな人間なら、たとえ罪に問われなかったとしても、罪悪感に苦しむとか、責任とって辞めるとかするでしょ。
自分の良心が許さないから。

広島に原爆を投下した人は精神を患ったんじゃなかったかな。
かつて出会った認知症のおばあさんのことを思い出した。
始めての訪問で、まだほとんど話もしてないのに、おばあさんがいきなり泣き始めたのです。

戦時中のことでした。
その人の家は農家で、ある日子どもを連れた母親が食べ物を恵んでくださいと言ってきたんだけど、あげなかった。

その時はなんて声をかけたらいいかわからなくて、ただそうですかとしか言えなかった。
今だったらあの頃はみんなそうですよって言うかな。

何も言えなかったけど、その時のことはずっしりと心に残っている。
たったそれだけのことを、おばあさんはずっと心にしまってたんだね。

美しい。
それが人であるってことだよね。

人はかわいい
かわいいものですね

でけた〜♪

次は、ファントムいってみよ〜♪

今年の夏の僕の決意

少し前の夏の夜
僕は乗り慣れない
地下鉄の駅から走っていた
ついに逢える
こんなにたくさんの人たちがいる中
本音で話せた人
そう思うといつも以上に
鼓動の激しさが伝わる
スマホの地図では
あっという間の距離が
とても長く感じられる

週末の夜
待ち合わせた場所に
人はたくさんきちんと逢えるのか
そんな思いはよそに
そして目と目があう
すぐにわかり合う2人
そして瞬く間に寄り添う
一瞬 脳裏にあの言葉は…
あの時の会話は…
本当なのか…
でもそんなのは気にもならない
緊張と高揚が交差する そんな空間
視覚 聴覚だけだった2人
そんな2人に温度や接触が
文字や音だけで足りない部分が補われた
そんな2人にたくさんの時間は必要ない
なぜなら
普段となに一つ
変わらない彼女がそこにいたから
そして僅かな時間
少しの時間
2人きりの時間
世の中には
いくら時間があっても足りない
もっといたい
そんな言葉を語る人達がいる
僕自身もそう思ったけど
でも
そんな僅かな時間でも
僕にとって
とても充実した時間
そして少しばかり日が経った
今想う事
色褪せないんだなぁ
そんな想いの中
自分がいる
そしてまた
今日という1日がはじまる
人のしがらみや
仕事における人間模様
そして
あたかも普通な出来事…
人はそれを幸せというのかもしれない
でもね
そんな事より
変わらない事
大切な事
僕は君が想う以上に
君が好き
だから また
逢うと決めつけて
そんな想いの中
毎日を過ごすんだ

2017年8月16日 (水)

三谷幸喜作品は好きだが、で作成する必要

三谷幸喜作品は好きだが、で作成する必要性を一切感じない。。。三谷氏新作真田丸勢が再集結816水-ニュース

“No.1”

『No.1』 by 馬場俊英 with 杉山清貴 from 『Driving Music』
まりあさんのバースデーだった8/9、復活したボルボ君に乗ってどこに行ったかというと…

子どもプール〜
まりあさんのリクエストにより行ったんだけど、折しもこの日は最高気温が37℃もあった猛暑日で
にもかかわらず、元気に泳ぎ回るまりあさん


特に去年は身長が足りず遊べなかったスライダーが、今年は遊べるようになったのでご機嫌でしたとさ



まあもちろん、それだけ動いたんだから当然お昼もよく食べるし


当然帰りはバタンキューだったけどね
そしてプールから帰ってくるといとこ達からバースデーカードが届いていたり、ママが帰ってくる前にひと足お先に乾杯してみたり

夜にはママがを買って帰ってきてくれて、みんなそろったところで

Happy Birthday Dear まりあさ〜ん

それにしても、あっちゅー間に6歳
そして来年の春は小学生だなんて、早く感じる一方でやっとっていう思いもあったりしてね

何はともあれ、これからもみんなで仲良く過ごそうよね〜
そしてこれからも、ますますオイラも頑張らねば
『No.1』の歌詞にも
友達にも 恋人にも負けない 僕が 君のNo.1〜
ってあるように、いつまでもまりあさんのNo.1でいられるようにね
それにしても、この夏既にちびくろサンボなまりあさん

それにもう2回プールに行ったし、さっ今度はどこのプールに行こうっかな〜???
…と思っていたら、上の写真の空を見てわかるようにこの後はが降ってきて
今週はずっとだし今日の気温は10月並みとか
何で夏休みなのに、ジャージを着たりレインブーツを履いたりしなきゃならんぐらいに寒いの
ああ…“ぼくらの夏休み”はどうなることやら

21歳の誕生日おめでとう!!!今日から

21歳の誕生日おめでとう!!!今日からの1年もしゅかしゅーにとって素晴らしいものになりますように

«リセット